人気ブログランキング |

あむにまりんごの日記

ブログトップ

2004年 04月 10日 ( 3 )

東京ビッグサイト・グループ審査編

ロゼッタの下に紙が入ってる。見ると「グループ審査のお知らせ」みたいなことが
書いてある。2時半からメインリンクの審査に出られるみたい。嘘でしょ…。
プロのハンドラー&プロのショードッグに混じって、出るのかよ!
こんな目立つチャンスはめったに無い。S先生が喜ぶぞ!
しかし、とにかく二人ともお腹が空いた。マリンも休ませなければならない。
エネルギー充填を済ませて、2時半に指定の場所へ。触診が行われた。
リンクではアジのデモンストレーションが行われている。
実演しているアジのプロ犬&人の皆さんは、あちこちででよくお見かけする。
審査員の方々も、ハンドラーも何度かお見かけすることがある。犬の世界って狭い。
いよいよグループ審査の開始。
想定外のことなので、カメラのフィルムが残ってない。仕方なく写真はデジカメ。
またしても姉に撮影を頼み、私はビデオ撮影。
BOBの犬たちが、次々と登場。なぜかシェルティの次にマリンが出てきた。
一頭ずつ審査が進む。待っている父の緊張がよく分かる…が、他の犬もハンドラーも
慣れた様子だ。
ついにマリンの番!あんな広いリンクで、一頭だけで走れるのだ。
さぞかし気持ちがいいだろうな。
全ての犬の審査が終わり、審査員が順番にアップダウンをさせる…あれ?
ターブが飛ばされた。もしかして、これって、選ばれそうな犬だけがさせられている?
プーリーも飛ばされた。そして、思ったとおりマリンも飛ばされてしまった。
まあいいさ。ここに出られただけで上出来もいいとこだ。
結局、ボーダーがBIG(で、いいのかな?)に選ばれた。
マリン&父が戻ってきた。お疲れ様。ふたりともよくがんばった!
これでお祭りは終了。謎は残っているが(キャシブのこと)とにかくほっとした。
けっこう疲れているはずだが、アドレナリンが出ている父は、クアトロちゃんに会いに
ドッグテイルさんへ行くと言う。大丈夫なのか?私はくたくたで運転できないぞ。
でも到着してカレーをいただき、クアちゃんに会えて私たちは癒されました。
すっかりいい時間になってところで出発。家に着いたのは午前1時でした。
これで犬祭りは終了。本当に楽しかったことばかりでした!
by sunskymarine | 2004-04-10 23:27 | スキッパーキ

東京ビッグサイト・ブリード審査編

4月3日。早起きしてあわただしく身支度をすませる。
マリンはいつもの通り元気いっぱい。よしよし、機嫌も良いみたい。
トイレも室内でできるようトレーニングしておいたので、こういうときにはホント助かる。
エサもガツガツと食べ終えた。よっしゃあ、出かけるぞ!
昨夜の逆の工程で荷物を運び出す。
フロントの「庶民派の田崎真也」みたいなおじさんに、
東京ビッグサイトまでの所要時間を尋ねたら「コミケですか?」と聞かれてしまった。
おいおい、犬連れのコミケがあるかい!(それもいーけどね)
東京のド街中を早朝ドライブ。ちょっといい気分~。

無事会場へ到着。すでにたくさんの犬と人が搬入を済ませている。
どうにか自分たちのパドックを探し出し、搬入。
私たちのお邪魔するクラブはダックスがメイン。そのせいか、パドックはとにかく狭い。
(やはりアイリッシュ・ウルフハウンドのパドックは広いのだろうか?)
慣れてる人たちは気にならないのだろうが、こっちはなにせ初出陳なので、
犬と人が阿鼻叫喚する狭いパドックはどうにも居心地が悪い。
早々にマリンを連れ出して屋外へ。しかし外も犬と人だらけなのであった…。
狭い犬用トイレは、早くも糞尿まみれになっている。
そんなところへ足を踏み入れたくないので、皆植え込みでトイレをさせている。
ホントはいけないんだろうな、と思いつつ、私達も植え込みへ。ごめんなさい。
スキッパーキの審査予定時間は11時~11時45分。
時間があるので、私はお店を見て回ることにした。目標はもちろんスキッパグッズ。
すると、期待してなかったのに、早速スキッパのマグネットを発見!
「ほかに、ほかに、何かありますか!!」興奮して聞く私を、店のおじさんは
絵はがきコーナーへ連れて行ってくれた。
おじさん:「確かここにあったと思うんだけど…」(ごそごそと探す)
私:「もしかして、売れちゃったんじゃないですか?」
おじさん:「いや、それは絶対ありません(笑ってる)!」
なんて失礼な!!!…その通りでございます(悲)
無事、かわいい絵はがき2種類を購入。やった~、来た甲斐あったわ~♪
応援を頼んでおいた姉とそのお友達が、来てくれた。
タロママさんにも会えた。タロもいる!久しぶり~♪皆さんありがとう。
そうこうしているうちに11時を回ったので、リング4へ向かった。
a0004143_223559.jpg

バルコちゃんはすでに来ている。バルコ家はスキッパの先輩。
父がマリンでいろいろ始めたのも、バルちゃんの活躍に触発されたからなのだ。
今日こうしてオナハンで一緒に走れるのは、本当にうれしいことです。
姉には写真撮影を頼み、私はビデオカメラで撮影のためスタンバイ。
ついにマリン&バルコが出てきた!
周りから「かわい~!」の声が聞こえる。ふっふっふ、かわい~だろ~。
マリン、バルコの順に触診、トライアングル(?)、そして2頭でラウンド。
バルコはくるくる回りながら歩いている。バック宙する鳩みたいでカワイイ。
まずマリンがリボンを、そしてバルコも審査員から受け取った。
よし終わった、終わったぞ~~…げぇ~写真を撮られている!!しょえ~~!!
あわてて二頭のもとへ。リボンやらなにやら、いろいろもらったみたい。
興奮状態の私たち…すると、別なスキッパが次々と現れた!!
今のショーを見て、声をかけてくださったスキッパオーナーの方々だ。
こんなにたくさんの(といっても5頭だが)スキッパが集まるなんて~鼻血がでそう。
しかも「グループ審査ですよ!スゴイですよ~」の声もする。グループ審査って何だ?
by sunskymarine | 2004-04-10 22:16 | スキッパーキ

東京ビッグサイトへの道・その2

4月2日。
いよいよ出発。鬼のように荷物を詰め込んで、東京まで6時間のドライブ。
念のため、前もってホテルの場所まで行き、ナビ夫に記憶させてある。
思ったとおり、首都高を降りたらわけがわからなくなってしまった。
程よく不安になってきたところで、見つかった!ホテルだ。えらいぞ、ナビ夫!
ここは、どこから見ても普通のビジネスホテル。だが、ペットOKなのだ!
(これは本当に、本当にすごいことだと私は思うのです。)
お客でごった返している中、車→ロビー→部屋のピストン輸送を繰り返し、
ようやく荷物と犬を運び終えた。

ここで反省点。どうしてもマリンだけを残して部屋を出なければならない状況が
できるのだが、知らない部屋に一人残されたマリンは吠えてしまう。
戻ってきたときには静かになっているので、吠え続けているわけではないのだが、
最初から静かにさせておくことはできないもんだろうか。
まあ、私がマリンだったら、やっぱり騒ぎたくなると思うので、仕方がないのかも。
ロビーでは静かにしていたので、よしとするべきか。

ケージから出たマリンはご機嫌。旅行に来た子供と同じ気持ちなんだろう。
熱心に部屋の点検をする姿に、つい目を細めて見入ってしまう私。
散歩・エサを済ませ、ようやく人間の晩御飯の時間になった。
ホテルの向かいにある台湾小皿屋を楽しみにしていたのだが、すでに閉店!
父がかなり落ち込んでいるのがわかる。う~ん困った。
が、しばらく歩いたところで香港小皿屋を発見。閉まる直前に滑り込むことができた。
ここが美味しかった♪お代も良心価格で、ホントまた行きたいくらいです。
いよいよ明日はショー本番。がんばろう~!!
by sunskymarine | 2004-04-10 20:41 | スキッパーキ