人気ブログランキング |

あむにまりんごの日記

ブログトップ

カリフォルニアのスキッパちゃん

定期購読している冊子で、米国在住でスキッパーキのジュジュ(♂)を飼っている日本人女性の連載記事が始まったので、かいつまんでご紹介させていただく。

彼女は6年前に夫と共に渡米し、その翌年、シェルターからジャックラッセルのミックス犬・ベイビー(♂)を引き取った。
長い路上生活の為か毛は抜け落ち、歯にも問題を抱えていたが、彼女のお陰で順調に回復した。
ところが、定期健診でベイビーの心臓に問題があることが分かった。
早期に発見できたので、症状は深刻ではないが、適度な刺激と運動を与えるためにも、兄妹を作るのは良いことだ、と獣医が勧めてくれた。
元々2頭目が欲しかったし、ベイビーの健康のためならと、兄妹を探しに再度シェルターを訪れた。
獣医のお勧めは「ベイビーよりも少し若くて元気な3歳くらいの子」。
彼女の希望は、ベイビーよりも一回り大きいくらいの中型犬だった。
しかし、ケージにいるのは大型犬ばかり。「これは見つからないかも・・・」と思いつつ、とあるケージを覗くと、今度は犬の気配がない。
空だ・・・と思いきや、真っ黒い小さい犬が、扉にへばりつくように座っていた。これがジュジュ。
紹介カードを見ると「スキッパーキ(♂)生後4ヶ月」とあった。スキッパーキという種類は初めて聞いた彼女。純血種の上に子犬じゃ、人気殺到で無理だと思ったが、どの犬も嫌がっていたベイビーが、驚いたことにジュジュには尻尾を振って挨拶している。
これはと思い、彼女と夫は、事務所でスキッパーキのことについて、こんな説明を受けた。

ここからちょっと面白いので、ほぼ原文のまま:

『スタッフの男性が図鑑を使っていろいろ説明してくれた。
 ベルギーで運河用荷船の番犬をしていた犬であること。成犬になっても大体今と同じサイズだと
 いうこと。個体数が少なく、割と珍しい種であること。
 そして、その時ちょうどボランティアのお姉さんに遊んでもらって、嬉しそうに何度も何度もジャンプ
 しているジュジュを見て、
 「普通の犬は1歳になると落ち着いてきますけど、スキッパーキは5歳くらいまであんな調子です
 ・・・・・・」と力なく言った。』
a0004143_19151323.jpg

心臓に問題のある犬の兄妹としてはふさわしくないかも、という理由の「力なく」だと思うけど(笑)

お見合いをしたところ、ジュジュはベイビーをとても気に入った様子。ベイビーのほうも拒絶する様子はない。決して2頭の相性が悪くはないと感じた彼女と夫は、望んだ中型犬ではないけれど、ジュジュにしようと決めた。
この後、身分証明書・ペット可のアパートであることの証明書の提出、アダプションの費用75ドル(当時。現在はマイクロチップ込みで120ドル)の支払い、去勢手術の予約(手術代は75ドルに含まれている)をして、3日後、手術を終えたジュジュを引き取った。

それから3年、ベイビーとジュジュは仲良く暮らしているそうだ。
ジュジュはやはり元気一杯、ベイビーに跳び蹴りを食らわせたかと思うと、次にはベイビーの耳を舐め始め、ベイビーは相当困惑している様子らしい(笑)
by sunskymarine | 2005-05-12 19:35 | スキッパーキ